渓流釣りの必須アイテム!オススメのウェーダー7選!!【2024最新版】

ウェーダーを着て渓流釣りをする画像

渓流釣りにおいて、ウェーダーは必須のアイテムとなります。

この記事では、渓流用ウェーダーの重要性とその利点について詳しく解説します。

さらに、それを踏まえて各メーカーのおすすめウェーダーをご紹介します!

ウェーダーとは?

長年愛用しているシムスのG3のウェーダー

渓流釣りでは、川の中に入って魚を追います。

その際、水の中に立つことで滑ったり、岩に足をぶつけたりすることがありますが、ウェーダーを着用することで足元をしっかりと保護し、安全に釣りをすることができます。

ウェーダーは防水性に優れており、体が濡れることなく快適に釣りを楽しむことができます。

また、特にネオプレン素材のウェーダーは保温性が高く、寒冷な水辺でも体温を保つので、寒い季節にも釣りを楽しむことができます。

ウェーダーを着用することで、川の中から魚に近づくことができます。

これにより、魚を驚かすことなく自然なアプローチすることができます。

多くのウェーダーにはポケットや収納スペースが備わっており、釣り道具や携帯電話、財布などを安全に収納できます。

トラウトはとても繊細

ウェーダーの種類

チェストハイウェーダー:全身を覆うタイプで、川の深い場所でも使いやすいです。

ヒップウェーダー:腰までのタイプで、軽量で動きやすいです。

ストッキングフットウェーダー:靴底のないウェーダーで、自分のウェーディングシューズと組み合わせます。

素材の選び方

ネオプレン:保温性に優れ、寒冷な水辺での釣りに適しています。

ナイロン:軽量で通気性があり、暖かい季節の釣りに適してます。

ゴアテックス防水性に優れ、通気性も高い素材。←おすすめ

SIMMS(シムス)

G3 Guide Stockingfoot Wader 

このウェーダーは、Gore-Texの3レイヤーと4レイヤーの素材ラミネーションで耐久性と透湿性を向上させています。

調整可能なエアメッシュ・サスペンダーにジッパー付きポケットがあり、快適で便利な収納が可能です。

特許取得のフロント&バック・レッグシームとグラバルガードにより、フィット感と耐久性が高まっています。また、ネオプレン・ストッキングフットには抗菌防臭加工が施されています。

FS Stockingfoot

このウェーダーは、東レクワドララム4レイヤー素材を使い、耐久性と透湿性に優れています。

多機能なチェストポケットや特許取得のレッグシームにより、耐久性と快適性を向上させています。

デュアル・リヤ・ベルトループとティペットテンダー・ポケットも装備しており、コストパフォーマンスに優れたウェーダーです。

FOX FIRE(フォックスファイヤー)

APブーツフットウェーダー

このウェーダーは、内股からシームをなくすことで細身のシルエットを実現し、高い運動性能と耐久性を備えています。

ブーツ一体型で着脱が容易であり、短時間の釣行や歩行距離が少ない釣行に便利です。

また、耐針性や引き裂き強度に優れた素材を使用し、透湿防水性を持つ仕様となっています。

胸部にはファスナー付きのポケットとハンドウォーマーが備わっており、ショルダーストラップは上着を脱がずに用を足すことが可能です。

TRバーティカルツーシームウェーダー

このゴアテックス ファブリクス3レイヤーのチェストハイウェーダーは、防水性と透湿性に優れています。

内股からシームをなくしたセンター・ツーシーム・パターンにより、細身のシルエットながら高い運動性能と耐久性を実現しています。

立体裁断の3Dソックスパターンを採用しているため、足にフィット感が抜群です。さらに、インナーポケットもゴアテックスと止水ファスナー仕様で、中身が濡れにくくなっています。(完全防水ではありません)

LITTLE PRESENTS(リトルプレゼンツ)

 N3 チェストハイウエーダー

このウェーダーは、LITTLE PRESENTSオリジナルのLIPTEX™-N3素材を使用しています。この素材は、しなやかで引き裂き強度に優れたナイロンを採用し、透湿力と耐久性に優れています。

さらに、オリジナルのC.F.S.(カーブド・フロント・シーム)により、耐久性が向上し、ストレスを感じることなく動き回ることができます。C.F.S.は、ウェーダーの足の部分の縫い目を内股から前面に移動させ、立体裁断を実現するカッティング技術です。

Daiwa(ダイワ)

タイトフィットスーパーブレスストッキングウェーダー

このウェーダーは、新5層構造透湿防水素材を採用しています。膝下とお尻まわりにはリップストップ生地の5層素材を使用し、耐久性が向上しています。

一方、膝上部分には4層構造の「ブレスアーマー」素材を採用し、ムレを低減しています。ハイブリッド仕様で快適な履き心地を実現しており、タイトフィットながら立体裁断によるフィット感と機動性が優れています。

SHIMANO(シマノ)

ドライシールド+4 ストレッチウェーダー(ソックスタイプ)

このウェーダーは、シマノ初の透湿防水ストレッチ素材であるドライシールド+を採用しており、4層生地で高い耐摩耗性と透湿性を持ちます。

ストレッチ生地により体にフィットしたサイズを選択でき、開脚やしゃがみ込み時のツッパリを軽減し、水切れにも優れた性能を発揮します。

まとめ

渓流釣り用のウェーダーは、安全性、快適性、釣果向上など、多くの利点をもたらす重要なアイテムです。

ウェーダーは足元を保護し、水中での釣りを可能にし、防水性と保温性に優れています。

ウェーダーを着用して、美しい渓流の中で楽しい釣りを満喫してみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エスログ

1987年生まれ。 地元の企業に就職。転勤後、友人の勧めで渓流ルアーフィッシングに挑戦。 趣味としてレザークラフトを自己流で始め、同じ年にスノーボードのインストラクター資格を取得。休日はスキー場に通う事になる。 レザークラフトのアイテムがネットで人気が出始め、渓流ルアーフィッシングとレザークラフトの経験から、ルアーワレットのオーダーメイド専門店を立ち上げる。現在は子育てと仕事の両立をしながら、自身のブログを通じてアウトドア、副業、渓流ルアーに焦点を当てた情報を発信している。 動画提供の“つりおもしろい“とは同級生。愛車は新型ステップワゴンAIR。

-渓流釣り