【新型ステップワゴン】純正フォグランプ交換で雪道の運転が楽に!fcl. L1B LED フォグランプ 2色切り替えが超オススメ!

新型ステップワゴンには純正でLEDフォグランプがついていますが、明るさが不足していて、夜や雪の日には視界が悪くなります。

そこで、今回は純正のLEDフォグランプを交換して、明るさや色を自由に変えられる商品を紹介します。それは、fcl. L1B LED フォグランプ 2色切り替えです。

この商品は、約7倍の明るさと、ホワイト×イエロー、ホワイト×ライムイエロー、新色のフロスティブルー×イエローの3種類の色を切り替えられます。

結論

見た目も安全性もアップ!

取付も簡単で、車検にも対応!

新型ステップワゴンのフォグランプを探している人におすすめです!

出典;fcl.公式

純正のフォグランプは暗くて不便

純正のフォグランプはLEDですが、明るさは約400lmと低く、夜間や悪天候の時には十分な照明になりません。

特に雪道では、白い雪に反射して視界が悪くなります。

純正のフォグランプは、運転の安全性や快適性を高めるというより、デザインのアクセントとしての役割が大きいと言えます。

下の写真は純正フォグランプを付けて撮った写真。写真だと広く照らして見えますが、実際は足元をぼやーっと照らす程度です。

新型ステップワゴンのフォグランプは暗い
実際はもっと暗い

fcl.のLEDフォグランプは明るくて2色切り替えでオススメ!

fcl.のLEDフォグランプは、純正のフォグランプと同じ形状のバルブを交換するだけで、約7倍の明るさと2色の切り替えができる商品です。

選べる全3パターン

出典;fcl.公式

色は、ホワイト×イエロー、ホワイト×ライムイエロー、新色のフロスティブルー×イエローの3種類です。各色のルーメンは以下の通りです。

出典;fcl.公式

明るさは、新色フロスティブルーが3600lm、ホワイト・イエローが4400lm、ライムイエローが5000ルーメンという高輝度です。配光も左右・手前をしっかり照らし、対向車にも迷惑をかけないように設計されています。

色の切り替えは、車両のフォグランプスイッチの「OFF→ON」を連続で4回繰り返すだけで簡単にできます。

出典;fcl.公式

メモリー機能がついており、最後に点灯していた色がそのまま記憶されています。fcl.のLEDフォグランプは、天候によって自由に色を変えることができ、運転の安全性や快適性を高めるだけでなく、見た目もカッコよくなります。

fcl.のLEDフォグランプの色の効果と選び方

fcl.のLEDフォグランプは、以下の3種類の色から選べます。

印象車検対応悪天候時の効果
ホワイトクールでスタイリッシュ⚪︎周りの車からの視認性UP
イエローレトロで温かみ⚪︎水滴の乱反射を抑えるor雪道の視認性UP
ライムイエロースポーティで目立つ水滴の乱反射を抑えるor雪道の視認性UP
フロスティブルー新鮮で爽やか×雪道や暗い道での視認性を高める

色によっては、見た目だけでなく、悪天候時に視界確保にも役立ちます。

例えば、イエローやライムイエローは、白色に比べて水滴による乱反射が少なく、対向車の目にも優しいです。

特に雪道で力を発揮するでしょう。フロスティブルーは、雪道や暗い道での視認性を高めます。

色の選び方は、自分の好みや車のイメージに合わせて決めましょう。

ただし、ライムイエローやフロスティブルーは車検基準を満たす黄色や白色ではないので、検査官の判断により不適合となる場合があります。その場合は、ホワイトやイエローに切り替えてください。

fcl.のLEDフォグランプの取付方法

実際に取り付けてみた

左がfcl、右側の純正

fcl.のLEDフォグランプの取付は、純正バルブと同じ形状で簡単に交換できます。

本製品は純正バルブと同形状パーツなので、純正バルブを外し、本製品を差し込むだけで取付完了です。

fcl.の公式ページでは車種別のとても分かりやすい取付マニュアルがありますので、そちらを参考に取り付けましょう。

下記リンクを貼っておきます↓

<新型RP系 ステップワゴン> フォグランプをLED化で明るく

ただし、以下の点に注意してください。

  • 本製品は高温になる場合がありますので、取付後は手で触らないでください。
  • 本製品は防水仕様ですが、水没させないでください。

効果は抜群

まずは先ほどの純正のフォグランプ↓

奥側のはるか手前のところまでしか光が届いていません。

運転席側から撮影
外側から撮影

ではフォグランプ交換後の写真を見てみましょう。

この日は雪が少し積もって、道路にはうっすらと雪があります。まずは取付後のfclのホワイトから↓

1日で雪が積もってしまいました

光が横に広がり、結構奥側まで届いているのが分かります。少し物がありますが同じ場所です。

外側から撮影

純正の時より非常に明るいですね。光が足元に広がって、奥側の車まで届いています。とても明るいですがフォグランプだけで運転はできませんのでご注意ください。

では続いてイエローを見てみましょう。↓

運転席側から撮影

流石雪道に強いイエロー。凸凹が先ほどのホワイトより見易くなったと思います。悪天候の日はイエローに切り替えるのが良さそうですね。

外側から撮影

ライトが横に伸びているので、ヘッドライトの死角もカバーしてくれます。明るく夜の運転がとても楽になりました。

あまりにも明るいので、対向車も眩しいかな思い前に立ってみましたが、全然眩しくなかったです。

光が下に伸びているので問題ないと思います。

 まとめ

新型ステップワゴンの純正フォグランプは暗いですが、fcl.のLEDフォグランプ2色切り替えを交換すると、約7倍の明るさと3種類の色を自由に変えられます。

色によっては、悪天候時の視界確保にも役立ちます。取付も簡単で、車検にも対応しています。

新型ステップワゴンのフォグランプを探している人におすすめの商品です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エスログ

1987年生まれ。 地元の企業に就職。転勤後、友人の勧めで渓流ルアーフィッシングに挑戦。 趣味としてレザークラフトを自己流で始め、同じ年にスノーボードのインストラクター資格を取得。休日はスキー場に通う事になる。 レザークラフトのアイテムがネットで人気が出始め、渓流ルアーフィッシングとレザークラフトの経験から、ルアーワレットのオーダーメイド専門店を立ち上げる。現在は子育てと仕事の両立をしながら、自身のブログを通じてアウトドア、副業、渓流ルアーに焦点を当てた情報を発信している。 動画提供の“つりおもしろい“とは同級生。愛車は新型ステップワゴンAIR。

-新型ステップワゴンAIR