【スマホ×AI】ソフトバンクが提携するPerplexity、その革新的なAI検索の実力とは

ソフトバンクが米国の生成AI系スタートアップPerplexity(パープレキシティ)と戦略的提携を発表し、大きな注目を集めています。

Perplexityは、Webブラウザやアプリで利用できる対話型AI検索エンジンで、GoogleやBingに匹敵する存在として急成長を遂げてきました。その革新的な機能の数々は、AI検索の新たな可能性を感じさせるものばかりです。

自然な対話形式で簡単に質問できる

Perplexityをチェックする

パープレキシティはGoogleを超えるか?

Perplexityの最大の特徴は、まるで人間と会話するように自然な対話形式で質問ができること。

キーワードを入力するだけでなく、「〜について教えて」「〜の理由は何?」といった自然な文章で質問を投げかけられます。

AIが質問の意図を理解し、的確な回答を返してくれるため、検索がより直感的で簡単になります。

パープレキシティに変なねこと入れてみた
変なねこと聞いてみた

大規模言語モデルによる高精度な回答生成

Perplexityは、GPT-4やClaude 3など最先端の大規模言語モデルを搭載しており、膨大な知識をもとに高精度な回答を生成します。

単に情報を検索するだけでなく、質問に合わせて最適な回答を組み立ててくれるため、欲しい情報により早く、正確にたどり着くことができます。

また、回答に情報源へのリンクを付与することで信頼性も確保しています。

画像生成機能でビジュアルな情報も

このねこなんか変?
AIねこかわいい

テキストだけでなく、画像生成機能も搭載しているのがPerplexityの大きな強みです。

DALL-EやStable Diffusionといった最新の画像生成モデルを使い、テキストの内容を理解して関連する画像を自動生成。

言葉だけでは伝えきれない情報もビジュアルで表現してくれます。

ファイルをアップロードして知識ベースを拡張

さらにPerplexityでは、ユーザーが自分のファイルをアップロードしてAIの知識ベースを拡張できる機能も。

PDFや画像などのファイルをアップロードすると、その内容もAIが学習し、ユーザー独自の情報に基づいた回答を生成できるようになります。

自分だけのカスタマイズされた検索エンジンが作れる画期的な機能と言えるでしょう。

ソフトバンクユーザーなら無料で使える

ソフトバンクユーザー×Perplexityをチェックする

ソフトバンクとの提携により、これらPerplexityの革新的な機能を、ソフトバンクのユーザーは1年間無料で利用できるようになります。

特に、ソフトバンクの格安スマホブランド「ワイモバイル」のユーザーにとっては嬉しいニュースです。

ワイ・ステーションは、ワイモバイルの正規代理店の中でも特典が豊富なオンライン専門ショップ。

シンプルでリーズナブルな料金プランに加え、ソフトバンク回線を使った高品質なサービスが魅力のワイモバイルを取り扱っています。そこにPerplexityの最先端AI検索が無料で使えるとなれば、他社にはない大変お得な特典と言えるでしょう。

まだワイモバイルを使ったことがない人は、ワイ・ステーション経由で契約すれば、お得なキャッシュバックももらえます。この機会にぜひチェックしてみてください。

まとめ

旅行の計画も提案してくれる

Perplexityは、対話型検索、高精度な回答生成、画像生成、ファイルアップロードなど、これまでの検索エンジンの常識を覆す数々の革新機能を備えています。

ソフトバンクとのタッグにより、いち早く日本のユーザーに最先端のAI検索体験を提供する。GoogleやBingを超える存在となるか。Perplexityの動向から目が離せません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エスログ

1987年生まれ。渓流ルアーフィッシングとレザークラフトが趣味で、スノーボードインストラクターの資格も保有。レザークラフトの経験を活かし、ルアーワレットのオーダーメイド専門店を立ち上げる。現在は子育てと仕事の両立をしながら、アウトドア、副業、渓流ルアーに関する情報を自身のブログで発信中。動画提供の"つりおもしろい"とは同級生で、愛車は新型ステップワゴンAIR。

-AI